RYU

デザイナーの木村竜也は2002年にロシアへ渡り、そこで9thインターナショナル・ヤング・デザイナーズ・コンテスト審査員特別賞を受賞。2003年からの二年間はイギリスでデザイナーアシスタントを経験し、帰国後、弱冠24歳にして自身のブランドを設立。

「Wit」即ち「上質なユーモア」をコンセプトに、一切手を抜かない細部にまで拘ったモノ作りが特徴。
ナショナリティ・ジェンダーにとらわれる事なく、本当の意味でのHigh Fashionとは何かを日々追求し、たとえ着れなくなったり使わなくなっても手放せないモノを作る事をブランドポリシーとしている。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

11