foot the coacher

デザイナーの竹ヶ原敏之介は、美術系の大学在学中に靴創りをゼロから独学で始める。
96年よりイギリスのシューズブランド“GEORGE COX”のデザインを、98年からは“Tricker's”のビスポークラインを手がけ、2000年にfoot the coacherをスタート。

日本国内をはじめ、イギリスやフランス、イタリアから取り寄せた選りすぐりの上質素材を使用して製作している、タウンユースデザインが基本となる最上級のカジュアルシューズブランド。

1900年代前半に履かれていたワークシューズやデイリーシューズなどを現代風にアレンジしたデザインになっており、 製法や品質には妥協をせず、末永く履ける事を目的として展開している。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2